上海交通大学視察団

2012.07.23

中国の国立総合大学である上海交通大学の視察団(代表:馬徳秀 上海交通大学党委員会書記、校務委員会主任)が7月23日、柏の葉キャンパス地域を視察され、スマートシティについての意見交換を行いました。

中国でも各地でスマートシティ開発が進められていますが、現状は技術的要素が中心とのことで、「コミュニティの参加」が今後一層必要になってくるという認識を持たれていました。
柏の葉の視察では「人が主役のスマートシティ」という考え方に強く関心をもたれ、質疑応答でも予定時間を大幅に超えるほどの活発な意見交換が行われました。

柏の葉キャンパスシティでは今後も、世界の未来像となる街づくりモデルをグローバルに情報発信してまいります。

上海交通大学視察団が柏の葉キャンパスシティを視察されました 上海交通大学視察団が柏の葉キャンパスシティを視察されました

視察申し込みはこちら>>>