米国エネルギー省長官

2012.03.30

去る3月30日、ノーベル物理学賞の受賞者でもあられる、米国のスティーブン・チュー エネルギー省長官一行(総勢11名)が、柏の葉キャンパスを視察されました。日本滞在中の非常にタイトなスケジュールの中、日本のスマートシティの代表地区として、柏の葉の取り組みに大変興味を示され、今回の視察の運びとなりました。
当日は秋山浩保柏市長にもご出席いただき、柏の葉の「スマートシティ」の取り組みを説明させていただいた後、エネルギー問題への対応を中心テーマとして、活発な意見交換を行いました。
長官は、蓄電池・再生可能エネルギーの積極導入やエネルギーの見える化システム、地域エネルギーマネジメントシステムなど、高い関心を持って随時質問しながら聞いていらっしゃいました。米国でも世界共通の課題としてエネルギー問題に大変な関心を寄せていることを垣間見ることができました。

米国エネルギー省長官が柏の葉キャンパスシティを視察されました 米国エネルギー省長官が柏の葉キャンパスシティを視察されました

視察申し込みはこちら>>>