健康への取り組み Health & Longevity

子どもからお年寄りまで、みんなが健康で元気に暮らせる街

世界に前例のない超高齢化社会の中で、住み慣れた土地で安心かつ健康な生活を営め、退職者も能力や知見を活かした社会参画の機会が得られる、そんな超高齢化社会に対応した街を目指して、学術機関や、市民の多彩な活動を通じて、街づくりを推進しています。

01 住民の健康増進をサポートする街

街のすこやかステーション

予防医療を基本とする医療施設をはじめ、「まちの健康研究所 あ・し・た」で無料で受けられる健康増進サービスや様々な地域健康サポートなど、健康に係る幅広いサービスをご提供。いつでも気軽に継続的に利用できる、健康長寿都市のランドマークです。

02 自分の健康状態が見える街

日々の健康状態を“見える化”する「柏の葉スマートヘルスプロジェクト」。リストバンド型ライフレコーダーや通信機能付き体組成計などのデジタル健康機器をネットワーク経由で健康データ分析システムに連携させ、パソコンやスマートフォンに利用者の健康状態を表示します。運動量や消費カロリー、体脂肪率などの基礎健康データだけでなく、睡眠や活動内容など24時間の生活リズムまで細かく確認できます。

03 健康増進プログラムがある街

各方面で活躍するアーティストと大学の先生が集結し制作された「柏の葉キャンパスシティ」オリジナルの「はっぱっぱ体操」。運動生理学に基づいた動きは、身体だけでなく脳への心地よい刺激を与えてくれます。定期的に講習会やチーム対抗のコンテストも開催されています。

04 健康を研究する街

全ての住民が健康で元気に暮らすために、予防医学や健康増進に注目し、学術機関や市民の多彩な活動を通じて、超高齢化社会に対応したまちづくりを推進しています。

東京大学高齢社会総合研究機構

高齢社会問題の課題解決をめざすジェロントロジー研究拠点がすでに活動を開始。

地域連携予防医学プロジェクト

千葉大学予防医学センターと自治体が連携する、地域連携型の健康プロジェクトです。

千葉大学予防医学センター

肉体的・精神的な健康増進を図り病気を未然に防ぐ予防医学の研究・実践・普及を推進。

ケミレスタウン・プロジェクト

化学物質を可能な限り低減した「モデルタウン」を設置し、実証実験を行なっていました。

柏の葉には、環境をテーマにしたコミュニティや取り組みがたくさんあります

独立行政法人国立がん研究センター 東病院

国立がん研究センター東病院では、がん患者さん、ご家族の生活を支えるための部門が連携して「がんになっても安心して暮らせるまちづくり」を目指しています。

はっぱっぱ体操

柏の葉オリジナルの「はっぱっぱ体操」。運動生理学に基づいた動きは、身体だけでなく脳への心地よい刺激を与えてくれます。

辻仲病院 柏の葉

国際学術研究都市に集まる外国人も安心して診療を受けられるハード・ソフトを備えた国際レベルの医療の提供を目指します。

ケミレスタウン・プロジェクト

化学物質を可能な限り低減した「モデルタウン」を設置し、実証実験を行なっていました。

千葉大学植物工場

千葉大学は、国内最大規模となる植物工場を環境健康フィールド科学センター内に開設しています。

関連リンク