柏の葉の実証実験

柏の葉エリアは大学と地域の連携による「実証実験タウン」です

柏の葉スマートシティは、この地球にどこまでもやさしい「環境共生都市」、高齢化社会へ積極的に対応する「健康長寿都市」、経済の成長・発展を育むための「新産業創造都市」を都市国家のテーマに掲げ、「公・民・学」の連携をベースにしたすべてのひとにオープンなプラットフォーム、解決のステージづくりによりさまざまなプロジェクトが進行しています。

01 実証実験 ユビキタス技術を活用した顧客向けサービス

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所と共同で、最先端のユビキタス技術を活用した顧客向けサービスを開発。三井不動産が保有する施設への導入に向け、2010年9月4日~9月20日の間、三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉において以下のパイロットサービスを実施しました。

2010.09.03 ニュースリリース「最先端ユビキタス技術を活用した顧客・来街者向けサービスの試験運用開始」

実証実験 ユビキタス技術を活用した顧客向けサービス

02 エコアクション・ポイント事業

エコアクション・ポイント事業

電気・ガスなどのエネルギー消費量やCO2排出量などを表示し、省エネ行動を促進する家庭用ナビゲーションシステムを開発。CO2削減量に応じて省エネ家電などの購入に利用できる「エコアクション・ポイント」を付与するもので、環境省のエコアクション・ポイント事業のモデル事業にも選定されました。

かしわ健康サポート倶楽部

柏市在住・在勤なら誰でも参加可能な「かしわ健康サポート倶楽部」は、オンラインによるID・パスワード認証に加え、事前に登録した電話を用いる認証を活用。健康情報の提供、健康相談、健康コミュニティの場の提供、健康関連製品開発との連携などの実証を行います。

ユビキタスモビリティシステム

地域が抱える課題をICT利活用で解決するための、モデル的取り組みです。位置情報基盤を構築することで、外国人を含む来訪者に対する街・施設などのイベント情報や移動支援情報、緊急情報の提供、地域の住民の勤務者、来訪者に対する低炭素社会対応の移動交通システムを効率的に実現します。

ITS実証実験モデル都市

環境に優しい交通社会の実現を目指すITS(Intelligent Transport System)実証実験モデル都市に、柏市が選定されました。平成24年度末までに柏の葉エリアを中心に、公共交通ではパーク&レールライド、駐車場ITS、オンデマンドバス、ベロタクシー、サイクルシェア、次世代モビリティではエコライド、LRT(Light Rail Transit)、セグウェイ、ウィングレットに関する実験・実証を行います。

地域省エネ家電CO2削減量可視化事業

CO2削減ナビの活用、CO2削減推進エージェントの設置、個人の努力・地域の努力を結びつけること、「見える化」「省エネ」「創エネ」の組み合わせによる自律調整強調系×継続的な取り組みを行うことを特徴としたモデルプロジェクトです。

女性の出産・育児・就業支援システム

ポータルサイトが媒介となり、女性の出産・育児・就業支援サービスを提供。サービスを通じて女性たちのライフスタイルと地域との交流を図ります。

柏の葉キャンパスにおける実証実験の取り組み実績 (国の公的補助などを取得した取り組み)

柏の葉キャンパスにおける実証実験の取り組み実績 (県と市の公的補助などを取得した取り組み)

関連リンク